市議団の活動

  • 2022年07月25日
    申し入れ

    新型コロナ感染症「第7波」から市民の命守るための緊急の対策を

     新型コロナウイルス「第7波」の感染拡大は、これまで経験のない急激な感染拡大となっています。

     発熱外来に電話をしてもつながらず、市販されている抗原検査は欠品状態で、無料PCR検査センターにも長蛇の列ができています。

     発熱など症状があっても受診できず、健康観察も行われない事態が多発しています。このままでは、医療や保健所が崩壊しかねず、市民のいのちを守る対策が急務になっています。

     日本共産党神戸市会議員団は、「これまでの経験を生かしつつ、医療・検査・保健所等の体制強化に真剣にとりくむべき」とし、「第7波」から市民のいのちを守るために、危機感をもって、対策を行うよう強く要請しました。

     対応したのは増田匡市長室長で、「感染の波が高くて驚いている。多岐にわたる申しれなので、各局に伝えたい」と答えました。

     

     

     

     

     

     

    *申し入れの全文はこちらをご覧ください

         ↓  ↓  ↓

    新型コロナ感染症「第7波」から、市民のいのちを守るための緊急要請

ページの先頭へ戻る